読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カバレフスキーその2

 

 カバレフスキーでわりと有名な曲に、歌劇「コラ・ブルニョン」序曲がある。

 これは、ディスクも豊富。5分程度の小品ですぐ聴ける。

 バースタインの「キャンディード」序曲のソビエト版みたいといえば、ピッタリな感じ。速いテンポで曲想がめまぐるしく入れ替わっていく。てっとりばやく元気になりたければ聴くといい。カバレフスキーのコセコセ感を存分に楽しめる。

 けど、鳴りはキャンディードのほうがいいだろう。それから、キャンディードと同じく、組曲版もあって、これもそこそこ楽しめる。